田舎暮らしでスローライフも現実は仕事の日々、自分で選んでいるとはいえ、家具製作以外に家具を地元で販売したり、ネットショップにチャレンジしたり…2006年頃からのお話、

5アナログ家具職人が田舎でネットショップ作る

の続きです。ネットショップ構築もなかなか進まず、ノートパソコンを買ってもらい、倉庫で販売している店番中などにも作業するようにしました。

すでに取引先の問屋も様々な取り扱い商品をオークションに出している事を知り、ここにある通販家具の返品もオークションに出品してみようと思い、比較的ネットショップよりも簡単にできるオークションをスタートしました。

オークション登録時にブログアカウントも作れるようで宣伝になるとのことでブログも作ってみました。もちろん、ネットショッピングも検索もしたことが無い私は人のブログを読んだ事もなく…

ただ日記を書けばいいという認識のみでオークションとの連動はうまく出来ていませんでした。

そして、はじめに書いた記事は工場の相棒のタロちゃんやコバちゃん、聴覚が無い方とのコミュニケーションなど日々のことです。

すると、自閉症の息子さんがいる方からコメントをいただきました。

『私の息子は中学生ですが、将来が不安に感じています。あなたの会社のように受け入れて雇用し、あなたみたいに差別なく頼りにしていると背景し希望が持てました。』

と…

(へ?日々のことをただ書いただけなのにそれを読んでコメント書いてくれるんだ。)

とその方のハンドルネームをクリックしたらブログに移動し、自閉症の息子さんとの日々やご飯の写真などが載っていました。

(なるほど…写真も載せれるんだ)

と気付き、私もコメントを書いてみました。

するとコメントにコメントを書いてくれて、

(なるほど、コメントを返すのか…)

とまた勉強になり、気がつけばその方のコメント欄で私を知った人が私のブログにコメント書いてくれたりと1回目の投稿だけですごく刺激になりました。

また足跡?機能から訪ね返したブログが面白かったらコメントしたりと、田舎で友達もおらず仕事三昧の私に顔は見えないどこの誰かもわからないハンドルネームだけの友達ができました。

オークションとネットショップ構築の合間に色々日々のことを書いて息抜きし、世代も違う方々と仕事抜きの何気ないやりとりし、嫌なネット作業で教えてもらう人もいない孤独感から救われました(笑)

不思議なもので文字だけでも相性みたいなのがあり、いつからかご当地グルメを送り合ったり、出張時にリアルで会うようになり、倒産した数年後にブログも閉鎖して雲隠れする数年間があったのに、2014年頃はじめたFacebookで私を見つけてくれてまた数人連絡とるようになり、変わらず仲良しでいてくれる安心感があります。

(介護はじまりここ3年はまたアカウント閉鎖して音信不通にしていますが生活が戻ればまた再開する予定です)

と話はそれましたが、家具製作、倉庫販売、オークション、ネットショップ構築、ブログ…な毎日がしばらく続きました…

ブログ友達には仕事落ち着いた夜中に足跡やコメントを残していたので私にとっては息抜きなのに『休みなさいよ』『寝なさいよ』『食べなさいよ』と言われてましたが今思うと人にそう思わせるのは良くないですね。たまにいるシンドイけど頑張っているアピールとかする人、痛いじゃ無いですか…気をつけなきゃ…

そんなこんなでブログは商売に一切使わずとも苦手なネットショップも軌道に乗りはじめだんだん家具を作るゆとりが無くなり、家具製作から離れることになるとは…

7.家具職人を辞めた日々、木工所の火事と援農体験

続く