田舎移住、当時は田舎暮らしブームでは無いし地方創生による移住支援なども無い状況の2004年。ただただ変わり者扱いが普通の反応…特に20代半ばで独身女のおひとりさま移住は田舎の人からすると怪しまれるほどでした。

家具職人への道20~田舎に移住~非常識なタウンページハイジャック

の続きです。

面接の約束時間になっても連絡取れず、待ち合わせの駅前で1時間以上待った時に諦めて駅そば屋に入りました。

すると…ようやく電話が鳴り

『ごめんなさい、工場で仕事していたら電話聞こえなくて!しかも今、車が現場に出ているから迎えに行けないからタクシーで来てください。運転手さんに◯◯木工までと言ったらわかるから』

っと。

え?それだけで着くの?まあ言えば大阪駅で地名も言わず◯◯木工まで、って言ってるのと同じじゃない?それで着くって有名企業?

お金も余裕ないのにタクシーでナンボなんや…

面接というよりタクシー料金にドキドキしながら言われた通り

『◯◯木工までお願いします、そういえば運転手さんわかると言われました』

と運転手さんに伝えたら…

『聞いたことないなあ』

って、木工所のオッサン、嘘つくなや(笑)

と心の中で思いながらタウンページをメモしていた住所を伝えて進み、付近に来ても見つからず、ウロウロして料金が怖いから降りて探しました。

数分歩いて両サイドと目の前に田んぼが広がり、20台は停めれる駐車場の奥に大きな工場がありました。

日曜日でしたが、機械が動いていて数名の工員さんがいて不審者を見るようにジロジロ見られました。

『あ、ごめんごめん、この社員達は障がい持っていて、ついついジロジロ見るだけだから気にしないで』

と後ろから声をかけられ…初対面が実現。

『タクシーでスッと来れたでしょう?』

というので『知らん』と言われたことは言わず少し探しました。っとだけ伝えて事務所に案内していただきました。

面接なのに今この木工所でしている仕事の話や世間話ばかりで、ようやくなぜここで働きたいのか聞かれたのが1時間経過後…

『仕事前とか後にサーフィンができる海の近くに住みたいからです』

とバカ正直にいう私。

すると面接官の男性が

面『サーフィンは大会とか出てるのですか?』

というので

私『いやいや何度入っても波に立てないからコソ練したいんです』

面『大会出れるようになったら表彰台どれくらい狙いますか?』

私『えっ?いやあ3位に入れたら嬉しいですが…』

(なんの質問やねん 笑)

面『えー!大会出るなら優勝目指さないとダメでしょう?!』

と…一体なんのやりとりなんだろう…

そのまま今製作されている家具の作り方をどうすればいいかなど質問されたりトレーニングジムに通っていたけど行けない状態だとか話している間に現場から車が帰ってきて、私も高速バスの時間が近づいてきたので駅まで送るモードに…

(結局世間話しにきただけ?)

と考える私を助手席に乗せ、タクシー料金来た反対方向に向かう面接官。近道?なんかなぁと思い黙っていたら

『せっかく来たし海見たいでしょ?!』

と、なんと1番近場の海をわざわざ見せてくれてそのまま駅に向かいました。

(あのう…ただの世間話とドライブやん…面接はどうなったんですか?)

と聞けずじまいで駅が近づいて来た際に

面『で、いつから来れますか?』

???

面『家も探さないといけないでしょう、きっと借りにくいから知り合いの不動産屋に聞いて資料郵送しますね』

???

私『あ、ありがとうございます。良いんですか?では今の木工所でしている仕事もあるし前もって辞めること伝えるので1か月以上先でもいいですか?』

面『わかりました』

アレ…面接ってこんな感じ?

と拍子抜けしましたが、この面接官が社長の長男(私の母と同世代)で実質の経営者で権限があり、ガンで亡くなるまで長くお世話になり切磋琢磨する良き出会いだったのです。

しかしまあ変わり者には変わり者が引き寄せられるのですかね(笑)いやきっと他ではおかしいかもですが私達の価値観がピッタリあっただけで変わり者ではないはず!

あとから聞きましたが、面接官(のちにボスというあだ名をつける)が若い頃休日にカーレースをしていて良く優勝していて鈴鹿に行きたかったけど、会社の跡継ぎだし、子供が産まれた際にレースを辞めたので趣味を求めて移住する気持ちは応援したかったみたいです。

…まぁ私はサーフィン大会に出るほどの情熱はありませんでしたが…。

レース引退したその後、銀行さんからゴルフに誘われたきっかけでアマチュアゴルフの優勝目指して大会に出たり、飛距離を伸ばしたり体幹を安定させるためにトレーニングジムに通ったりしていたそうです(笑)

だから面接時に表彰台、優勝狙いじゃなきゃ!っと話したんですね…

大阪に帰り木工所に田舎移住すると伝え、社長の奥さんに田舎でもいじわるな職人さんいるかもしれないからいじめられないよう気をつけてねっと心配していただきありがたかったです。

いよいよ田舎移住スタートだ!

(ストーカーともサラバ 笑)

家具職人の田舎移住2話、

田舎で好きな仕事と趣味でスローライフを目指したが予定が狂う…に続く