kagusyokuninnhenomiti9

家具職人になるために所構わず門を叩いては門前払いの私、周りを考えずにようやく門が開いて、引越しも終え、家具職人修業がスタートしました。

家具職人への道8~勉強・修業の門が開く~の続きです。

家具職人への道9~道具の手入れ漬けの日々~

座学は少し、実技が基本で作業場へ…まずは、家具職人として手道具を使えるようにならないといけないということで、第一カリキュラムは鉋の刃物研ぎです。

飲食店でバイトし続けてきましたが包丁すら研いだことの無い私。

始めは、砥石を真っ直ぐにすることからです。その理由は砥石が真っ直ぐじゃないと、刃先が真っ直ぐにならないからです。

こういうふうにやって、、、と師匠が実演。

ほうほう、、、と聞いてる分には納得するのですが、実際自分が手を動かしてするとなると、びっくりするほど安定しない

まず、刃物を持つことに、手が攣り、どうしても長時間研ぎをすると手首が下がって刃物が砥石とうまく接さず、集中力も切れて刃先が丸くなったり、右側だけが研げたり、とまあ、いびついびつ。

目安は師匠のひげがそれるようになるまで、そして、天井の蛍光灯が、刃物に反射しているラインが真っ直ぐピカッとなるように研げないと合格をもらえない。

※ヒゲ剃るって無理やろ?!と思いましたがうまく遂げるようになったとき、実際にヒゲがそれるので驚きました!私も自分の腕の毛を剃ってみました(笑)

私はこのときあまりも砥げなさすぎる鉋の刃先を観て、自分の歪んだ根性が全て出ていると痛感しました。

いつまで経っても合格をもらえず。

3ヶ月間、朝7時頃から夜は残れるだけずーっと研ぎ場で研いでいました。一枚の鉋の刃をすっと研いでいるので短くなってくるし、砥石も新しく買い足すくらいです。

私のように長くやるのが正解ではなく、他の人みんな合格をもらい、鑿研ぎや、鋸の使い方まで進んでいるのです。私があきらかに悪いのです。

師匠が、お前はどんくさい

といい、せっかく研いだ刃物をカチン!と割られ、またその欠けを修正しながら、真っ直ぐに研ぐ毎日毎日これです。欠けを削ぎ落とすのもグラインダーなど使わせてもらえるわけもなく…ひたすら全部砥石でします。

刃物の先を砥石にまっすぐ押さえるわけですから指も一緒に研いでしまって、指先は毛細血管が浮き出ていたし指紋も消えそうに。刃物を持つ部分にタコができ爪の間には、研ぎ汁が入るので土日に飲食店でバイトしていた私は、必死で手を洗っていました。

なかなかうまくいかない、心が全部刃物に出る。毎日帰り道に出来ない自分が悔しくて泣いて、なんだか精神修行でした。自転車に乗りながら泣いて泣いて泣いて気持ち悪い女でした。

しかもそればかりやってるわけですから、自分はこの選択で良かったのとか色々思いはじめ…自信がない分ネガティブになるのです。同級生は旅行したり結婚したり、飲みにいったりと遊んでいます。私は結婚どころか飲みに行くお金も時間も無くどんどん疎遠に。

自分の現状が情けなくて、人と会う心のゆとりもなく、技術を身に付けることとのみ考えていました。でも、うまくいかないときってどうしても逃げ場を作ってしまいたくなります。怒られて怒られて一人で部屋に帰る日々、

  • 向いてない!向いてない!
  • どんくさい!

って言われても自分の技術がついてこず、情熱だけでは勝て無いことを痛感し、諦めてカフェの開店をする方向に転換しようかなと揺らいだときもありました。

師匠は相変わらず、刃物をカチンと割っては

やり直し!

という毎日。なんだ。もしかして、最初から私の事拒否していたし、私のことやめさせようと思ってるのか?と思いふてくされて泣いてしまうことも。(テストが100点だったと知らないとき)

そんなこんなで、私はバイトのほうに心をとらわれて土日祝日だけでなく、平日の夕方からも入れるようになりました。生活もかかってるし、なんだかうまくいかないし、家具職人になるってむりじゃない?っていう感じです。

今までなら夜遅くまで研ぎ場にいて修業を重ねていたのに定時で終わってバイトだからってごまかして逃げ始めるのでした…。

すると、ある日から師匠が全く口を聞いてくれなくなりました。無視です無視…。

家具職人への道10~修業は守破離が大事~につづく

編集後記

この怒られた日々で泣いてふさぎ込む夜、逃げたくなる葛藤、言い訳したい衝動、自分の嫌な部分が浮き彫りになりました。やりたいことができて幸せで楽しいはずなのに、いざやってみると自分のだめな部分をこれでもか!っと目の当たりにしました。

今までのような営業は言葉を言い換えたり、謝ったり、褒めたりごまかしたり、パソコン文書やCADなどもデリートキーでやり直しが効くことことでも、自分の手の技術はなんともならないのです…。