ダボレールを家具に埋め込んで可動棚を設置する方法

可動だなをかんたんに設置することができる便利な金物、ダボレール。DIYで棚板を作ろうと情報収集したことがある方は目にしたことがあると思います。

そのダボレールを家具本体に埋め込んで可動棚を設置した仕事をしたのでシェアします。DIYされる際のアイデアの一つとして御覧ください。

まずダボレールを埋め込む溝を引きますが、使用するダボレールの幅をノギスで測って(金物図にもありますが実測したほうが良いです。)ちょうどよい硬さの幅にします。

今回は、フラッシュパネルで製作をしましたが溝を引く位置に芯材を入れておくことが重要です。(トリマーのビットが傷んでしまうので芯材をとめるタッカーは溝が入るところを避けます。)ダボレールを家具に埋め込んで可動棚を設置する方法

芯材がないと、ネジが止まりませんのでダボレールをしっかり取り付けることができません。既存の家具に取り付けるときには下地があるか確認をしてください。

DIYのコツ金槌を使った家具や壁の下地の探し方

ダボレールを家具に埋め込んで可動棚を設置する方法

今回はダボレールの幅自体は15mmですが、両端を2mmの細いピットで溝を引き、真ん中のフラッシュ合板がペリッと剥がれますのでコの字型の溝ができ、ダボレールのコの字型にスポっとはまりネジもしっかり止まります。

ダボレールを家具に埋め込んで可動棚を設置する方法

レールを入れてネジで止めます。

ダボレールを家具に埋め込んで可動棚を設置する方法

埋め込まなくても取り付けることはできますが、手間を掛けて埋め込むことでスッキリしますし、棚板の取り外し時にゴツゴツっとレールにあたって棚が凹んだり、レールが外れそうになったりするのを防ぐことができます。(作業に不安がある人は埋め込まなくてももちろんOKです。)

ダボレールを家具に埋め込んで可動棚を設置する方法

ダボレールのサイズは金物を購入する際にも記載していますので加工する際の参考にしてください。


ランプ ステンレス鋼製棚柱 ダボレール SP型 【SP-1820N】 ※代引き注文不可

クローゼットの棚板DIYの実例・棚柱ダボレールを使用の際の注意点

クローゼットに本棚・ダボレールで可動棚をDIYした実例

DIY・日曜大工の手道具と電動工具の使い方の基礎