家具職人への道

私が幼い頃に描いた家具を作り人になりたいという夢を実現するために四苦八苦して来た道をそのままの感情で記載していた過去の記事です。20話にわけて書いていたのをまとめたので長いです…私語(自分の言葉)な部分もありますがご容赦ください。

家具職人になりたくてなりたくて必死になってた頃の思いをストレートに書いています。振り返ると自分は本当に自己中でアホでどんくさい女だなと思います。

家具職人になるには?と考えている人の良いお手本ではないので、反面教師として私みたいなバカとは違う!お前みたいにならないっと思っていただけるとこの記録は役に立てるのかなっと感じています。

また時代の変化と共に労働条件や働き方、賃金など当時の当たり前が今は社会問題だったりするのでそれは過去の話だと認識してください。

家具職人になるには?っと思い悩んだ日々

今の時代、職人さん、と呼ばれる人達が減ってきました。便利な道具ができ、機械が加工してくれたりするので必要とされるのは人の手による技術ではなく正確さとスピード。

古い体制で貫くと仕事の単価も合わなくなり、需要も減り、仕事が少なくなりたちまち食べていけないため、そちら側にシフトしていく体制はわかります。家具職人になりたいと思う人の理想と現実の違いもここに…。

しかし、機械では判断できなく、数字通りにスピード加工しても最終調整では手の感覚でしかわからないこともあり、手仕事の魅力と価値を感じるニーズもあり、職人の仕事全てがなくなる、未来がない、なんてことはないと思っています。

今、家具職人になりたくてもなれない方が沢山いらっしゃると思います。まず、見習いができる木工所や工房が圧倒的に少ない、ということです。初心者から経験を積む場所が無いのですよね。

だからこそ…家具職人になるには?と悩みますよね。

私が家具職人を目指したとき、インターネットで情報収集するという術もなく、自力で探すも門が無く、ようやく見つけた門も 女と言うだけで門前払いでした。(今はアウトな発言でしょうが、当時は、結婚したらやめるだろ、怪我したらお嫁に行けないからなどと。)

でも…これしかしたくないっとあきらめず、夢中で進んできたら、いつの間にか道が開いていました。

夢中になる分、気が付かないうちに周りに迷惑をかけていたと思いますし、恋愛、収入、友達と遊ぶ時間、家族や子供などなど手に入らなかったことも多いですが、自分の好きなことで生きていくという挑戦ができたこと、これは母親に感謝です。

人間的には欠点だらけですが、職人を目指して、沢山の涙、感動、笑い を経験したことはとっても貴重です。家具職人になるには?っと思い悩んだ日々を書き綴りたいと思います。

※今は女だからダメっと、性別に関する壁は低くなり挑戦しやすくなったと思います。これも人生の先輩である女性が声を上げて革命してくださったおかげですね。

私のやりたいことはなんだろう?

家具職人を具体的に目指そうと決めたのは当時22歳の私、住宅販売の営業ウーマンをしていました。

将来、独立したい!っと思っていたので、猛勉強をして宅地建物取引主任者の資格も取得し、お仕事を終え、帰宅したお客様のご都合に合わせてご訪問をして打ち合わせをするなど、毎日毎日、遅くまで働き着実に知識を身に着けていました。

ところが…なんとなく、立ち止まってしまったのです。

やりたいこと何?

今、こうやって毎日働いて働いて、お客様のマイホーム計画という人生で大きな買い物のお手伝いをさせていただき、喜んでいただけることはとてもやりがいがあるけど、果たして…私は生きていて何が残せるんだろうか?

私のやりたいことはナンだろう。

子供の頃の衝撃で憧れた家具職人

小学校の卒業アルバムに将来の夢を書く欄がありました。

みんな、

  • お嫁さん
  • ケーキ屋さん
  • ペットショップ

などとてもかわいらしく、女の子らしい夢を書いていました。

私はというと、、、

お嫁さんなんてこと想像も付かず、ペットショップはアレルギーで無理だし、ケーキを焼けるなんて想像も付かず設計士と記載。 しかも三角定規の絵まで描いて(笑)

小学校に上がると日曜日になると、住宅販売の新聞チラシが楽しみでいつも貯めては真似をしてノートに設計図を書いていました。子供なので仕事にするとか考えず、ただ興味があったのです。

ちょうどバブルの頃、確か小学校低学年から、近隣に沢山家が建ち始めオープンハウスが開催されていました。

それを自転車に乗って一人で見に行くのが、とっても楽しかったです。よく考えたら、、、営業マンの方もよく、子供一人でも見せてくれたなぁと。

販売の経験上、子供から、親の連絡先を聞くためだったかもしれませんね。でも私は、住所とか電話番号を書いたか書いてないか記憶にありません(笑)

そんな住宅ブームの中、近所に引っ越してきたお友達の家に遊びに行きました。

1階が工場のような感じで、とっても大きい立派でキレイなおうち。その時、部屋を見せてくれたお友達が、

『ここにある家具は、お父さんとお母さんが結婚するときに全部お父さんが作ったの』

ん?

『ここにある家具は、お全部お父さんが作ったの』

と。私にとってその素敵な言葉が衝撃的で、その日一日焼きついて離れなかったのです。

かっこいい!私も結婚するときには自分で婚礼家具作りたい!

と自分で家具を作れるということにとてもあこがれを抱きました。

しかし、所詮8歳の私。職人って男の世界だと思っていたし、自分には非現実だと決めつけ、その素敵な言葉がどんどん薄れていき、遊ぶことに夢中になり、家具職人に憧れた気持ちを除外していくのでありました。

住宅を見るのは好きだったので住宅関連のお仕事ができればなあという程度でした。

家具職人への道2・就職で東京へ行くもすぐに退職に続く