0.1mm単位を測るノギスの寸法の読み方


DIYで家具製作する際に

ノギスやスケールをつかうので

以前にノギスの使い方を解説しましたが

(以前の記事⇒ ノギスの使い方

今回は0.1mm単位を読むについての解説です。

関連動画⇒ 100円diy工具の使い方とアイデア動画一覧

ノギスの寸法の読み方

ノギス 読み方

ノギスのメモリを読む際に

まずは1mmまでの位置を見ます。

読み方に関しては動画を参考にして下さい。

ノギス 読み方

下のメモリと上のメモリが

まっすぐにつながっているところが

0.1mm単位の寸法になります。

この場合は18.3ですね

※動画では4と言ってますが動画撮影前に写真をとった写真では3のようです^^;老眼?と焦りましたが動画撮影前に動かしたからということで…言い訳言い訳…

家具製作での寸法出しは本来は重要です。材料を購入した際に記載している厚みと0.5mm狂っていると、それが積み重なると全長の寸法が狂うこともしばしば。ですから職人は必ず現寸を測ります。DIYの際も現物の寸法を測る癖をつけましょう

木工所でよく使用するノギス

DIY入門でよく使われるのは

100円のノギスですが

家具製作の際は0.1まで測れるノギスを使います。

例えば↓

シンワ測定 高級超ミニノギス M型 シルバー 7cm (19892) ノギス

デジタルノギスというものもあります。

私はこのデジタルに慣れないので

使ったこと無いのですが…老眼になったら使お 笑

【送料無料】【確かな品質日本製】 _500-181-30_cd15apx_ミツトヨ製デジタルノギス CD-15APX改良品

関連記事⇒ 100円木工グッズの使い方カテゴリ記事一覧

関連記事⇒ 「DIYに必要な工具」カテゴリ記事一覧

DIYの道具の使い方の基礎を知ろう



木工機械,木工旋盤や電動工具などの道具を通販で購入できる情報



opt300

お役に立てばいいね!で読者になろう

にほんブログ村 住まいブログ DIYへ  

このページの先頭へ