家具職人への道8~勉強・修業の門が開く~

 

7の続きです。

一年間、木工を勉強できるチャンスを逃さまい!

と 無理だといわれ手入るのにしつこい私は

家具職人 学校の試験会場に行きました。

 

師匠は、、、来るなって言ったのに

 

と面接でもいわれ、

2つほどの質疑応答で退室させられました

 

あぁ…やっぱり、本当に来るなってことだったのか…

 

とかなり落ち込みながら帰宅し、さてどうしたもんだか。。。

とネズミの走る天井を見上げたのは今でも覚えています。
(風呂無しの文化住宅に住んでました。)

合格発表の日家具職人 学校

どうせ落ちてるんだろうけど、とりあえず、諦めきれないから

発表を見に行きました。

。。。。orz_01

現実を見るのが怖かった…

後ろから、私の名前を下の名前で呼ぶ声が

私の身内や友達で、下の名前を呼ぶ人はいないので

どきっとして振り返ると

いらっしゃい

と師匠が…

えーーーーーーーーっと・・・再度合格発表の掲示板を見ると

私の名前がある

 

あ、あるやん!!!

 

 

師匠は、頑張りなさい

と、笑っていました!

聞くところによると、私は筆記試験で満点だったそうです

必死で勉強したんだろうなと師匠は思ったそうですが

実は勉強してませんでした(笑)試験要項に一般常識と書いてて

なにが一般常識なのかわからないし、まあ何とかなるだろうと…

元々、頭がよかったんですね(自画自賛)

わーいわーい。と、私は早速引越しの準備を。

風呂無し文化住宅17000円から、

学ぶのに早朝から行くつもりだったので、近くの

ユニットバス(風呂トイレ一緒)の25000円のワンルームに。

バイトも探さないと!っと土日祝日のバイトも決めて、準備OK。

希望だけを胸に、家具職人への見習いの道を開いたのでありました。

そこから毎日泣くことになるとは知らず…

⇒ 家具職人への道9に続く

 

 



このブログでの私の体験談を何かの引用やブログやSNSにシェアなどじていただいた際に、どんな媒体でお役に立っているのかもしくは酷評されているのか知りたいのでコメント欄にお願いします。※コメント欄は承認制なので記載いただいてもブログ上では非公開となります。私しか閲覧することが出来ませんのでご安心ください。
また自治体や雑誌・テレビなどメディア様の何かの題材で参考にされた際にも必ずご連絡をお願いいたします。

ブログへの直接感想と相談はこちら^^(秘密厳守)


ブログランキングで応援して下さいランキングが上がります^^↓
にほんブログ村 インテリアブログ インテリア・家具製作へ
↑2個クリックしていただけると嬉しいです^^↑

 家具職人になるまでの経歴や経緯は⇒家具職人への道(全20話)

 田舎暮らしをした話は⇒田舎移住で家具職人(全16話)

このページの先頭へ