家具職人への道12~就職も求人もない!~

 

前回の続きです。

 

師匠に反対されつつも無謀な山のマラソン大会に出て

何でこんなレースに出たんだ。苦しいよぅ

でもコレを完走できたら研ぎがうまくなる

っと勝手な願掛けをしてアクセルを踏み込みました

その結果…

なんと!!

準優勝

えーーーー。。。。

ランナーらしくないジャージに首にタオルを巻いて

ジョギングの延長スタイルだった私。

同じ位置で走る男性に、

 

『タオルなんて巻いて走ったら呼吸がしにくくなってよくないよ』

 

と教えられたりするほどの初心者(笑)

根性根性だけでなりふり構わず走っていたらなんと2位です。

苦しすぎて景色を覚えてないのですが、ゴールをして結果を見たときに

本当にびっくりしました。

 

完走できただけでも、研ぎがうまくなると思い込んでゴールしたのに

とんだご褒美でさらにテンションが上がりました。

 

ひとつのことをこなすと、不思議なもので、モチベーションが上がるんですね

翌日からは、人が変わったように、黙々と作業に集中し

心なしか技術も向上してきたのです、

もちろん技術向上だけに集中しなきゃいけないと、

マラソンに反対していた師匠には言ってませんが、

私の中では、

ランニングをしたことで、集中力と気持ちが強くなったことは

実感しています。

 

それから、スツールを作ったりローデスクを作ったり

たんすを作ったりする作業をこなせるようになりました。

 

私はあのときに走っていなければ、夢が叶っていなかったのではないかと

思うくらいです。

 

遊びではなく、自分が変わりたいと思って始めたマラソンは

今でも続き、もう10年以上続いています。

 

話がそれましたが、そのあと、就職に向けての活動が行われるのですが

男性は師匠に紹介してもらい、だんだん決まっていくのですが

私にはぜんぜん家具職人の就職先を紹介をしてくれません。

 

『お前を紹介すると俺が恥をかく』

 

と師匠は言うのです。はい、そうですよね…

自分でまた家具職人の仕事を探すしかないか…

師匠の下にいれるのは1年。

私は1年費やしてきました。

バイト収入もそんなになく、生活費もかつかつで

病院にも行けず、やってきた。

それでもまだ、  のレベル。

夢のために過ごした日々、現実がもうすぐやってくる。

私には行き場がない。。。何やってたんだろう…

 

家具職人への道13に続く

 

 

 

 

[`yahoo` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る


ブログへの直接感想と相談はこちら^^(秘密厳守)


ブログランキングで応援して下さいランキングが上がります^^↓
にほんブログ村 インテリアブログ インテリア・家具製作へ
↑2個クリックしていただけると嬉しいです^^↑

このページの先頭へ