家具職人への道5~募集も求人もない現実~

 

8歳の頃のもやっとした憧れ、思いだけでなく

家具を作ってみたい思いが 再燃しました。

家具職人になるには?っと根本的な現実問題で

壁ができてしまいました。

 

まず、一般的な目線で自分のことを見てみると

未経験・女

です。なんだかやらしい響きですが…

 

しかも、不器用で、かつ、ひょろっとした体型。

ジャージや作業着は着れない!

なんて、 スーツやワンピースなどオシャレに費やしていた頃です。

当時はよく、飲み歩いたり、合コンなどしていた私を見てみんなの反応…

 

無理でしょ? うそでしょ?

 

です(笑)確かにね。

でも、思いのほうが強く、そんなもの跳ね除ける勢いでいました。

 

当時、インターネットの普及が進んでいなくて、

大きな本屋さんや、図書館、あと、

インテリアコーディネーターの 勉強をしているときに見ていた本や雑誌↓

 

  

この中に情報は無いかじっくり見ました。

アクタスさんやIDEEさんのカタログは大好きで収集していました。

しかし、デザインとかインテリアコーディネートは、

作るとは違う分野なので 雑誌などの写真の中にある家具が、

どこの会社のものなのかとか、 ドラマのエンディングに流れるときに、

俳優さんの名前、主題歌…と続き 衣装・施設・そして美術…

のときに、家具に関する会社のことを 調べたりしました。

 

しかし、作るのは違います。家具職人の求人はどこで探すんだ?と

悩んで、本屋さんで 手作り木工事典 という本を見つけました

 

  

 

なに!このワクワクする本

 

と思い、早速購入しました。

当時は確か2~3ヶ月に1回発行されていたかと思います

(4ヶ月かも?曖昧な記憶で申し訳ありません)

 

その中には、家具工房を持って、つなぎを着て

ヒゲを生やしたおじさん、いやお兄さんが

素敵な笑顔で掲載されてるんです!

萌え~(古いっ、しかも当時間まだそんな言葉は言われてませんでしたが) ですよ。

ジャージや作業着を否定していた私は、

 

作業着最高!つなぎ最高! に。

 

色んな木工品を作られていて、説明図なども載っていて

家具職人道具なども紹介されているのですが、

素人の私にはまったくピンと来ません。

 

学べるところは無いか…と手作り木工事典を見る日々が続き

木工教室などが開催されている広告などを見ては いってみたいけど、

遠いなぁ…と諦めたり、 家具職人で独立されている方の展示会に行って感激したり。

作家さんの作品を見て心躍る帰り道。ちょっとまって。

 

見てるだけだったら 趣味 で終わる

仕事じゃないし!というか私収入ないし!

 

と夢と現実を見つめて、お尻に火が付いたのであります。

しかしどうやって。。。

 

⇒ 家具職人への道6に続く

[`yahoo` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る


ブログへの直接感想と相談はこちら^^(秘密厳守)


ブログランキングで応援して下さいランキングが上がります^^↓
にほんブログ村 インテリアブログ インテリア・家具製作へ
↑2個クリックしていただけると嬉しいです^^↑

このページの先頭へ