インテリアコーディネーター試験のアプリと音声講義について

前回インテリアコーディネーター資格試験の2021年用の過去問テキストを購入したことを記載しました↓

2021年インテリアコーディネーター資格試験の独学用テキスト購入

早速特典であるアプリと音声をダウンロードしました。

インテリアコーディネーター試験のアプリと音声講義をダウンロード

購入したテキストはハウジングエージェンシーのこの2冊


インテリアコーディネーター1次試験 過去問題徹底研究2021 上巻 (徹底研究シリーズ)

インテリアコーディネーター1次試験 過去問題徹底研究2021 下巻 (徹底研究シリーズ)

HIPS合格対策プロジェクト

インテリアコーディネーター資格試験過去問音声講義は独学で有り

なぜこのテキストにしたのかは前回も書きましたが、音声講義がダウンロードできるからです。私は勉強に取り組むのにすごく腰が重いことを自覚しているため、木工所のお手伝いに行く際の移動時間などにBluetoothのイヤホンで2020年度のインテリアコーディネーター資格試験の過去問解説音声講義を流して少しでもワードを胸にとどめておこうという狙いです。

何もしないよりは聞き流すだけでも時間を有効活用できるし、問題内容を聞いているようで聞いていなくても(いや、これじゃダメなんですが…)解説の中で気になることがあれば試験関係なしに自分の仕事の知識として蓄えることもできますし、まだテキストとして問題は全く見ていないのですがすでに何点か知識が増えました。

腰を据えて勉強をすることに逃げ腰な私にとっては音声講義は有りの勉強方法です。しかも購入者限定のサイトでダウンロードをしているので通信量もかからないのも良いです。(携帯とBluetoothの充電だけでどこでも勉強できる)

インテリアコーディネートの過去問アプリは隙間時間にも便利

続いて、インテリアコーディネーター2020年度の過去問アプリを入手しました。この過去問アプリは一度販売元に申請をして数日待ってからログインパスワードの返信があるのを待って利用します。

アクセスしてみましたが、過去問を一問ずつ回答して次に解答と解説があり、50問を通じた採点をすることができ、途中でやめるとその続きからまた解くことができます。私はとりあえず一問目のみやってみてなるほど!便利!っと思いました。これは隙間時間の活用もできるし音声講義とも併用できるといえばできるし、2019年以前の過去問も購入できるようなので必要がある人には良いのではないかと感じました。

どちらにしてもテキストと照らし合わせて勉強する必要はありますが、私のように勉強をしない言い訳が沢山ある方(笑)には少しでも触れておくのに良い教材だと思います。

インテリアコーディネーター資格は実践だけでは難しい

設計士やデザイナーとは違い、家具を作る仕事だけしていると、作る技術は自然と身に着きますが、インテリアの歴史や海外の家具デザイナーや日本の有名な建築家の自邸のことは全く分からないので資格を取得することにフォーカスすると勉強する必要はあります。(私は幸い?家具職人を目指す前にデザイナーズチェアーに興味があったので知っているものが多いですが家具を作る仕事していく上では使わない知識です。)

ですので本当に自分の知識の薄さに愕然としてしまいます。でもインテリアの歴史とかいろんなことを知っていることは今後絶対に損ではないし、打ち合わせの時に活かせることもあるのでしっかり独学で強化したいと思います。

ちなみに現在試験申し込みは開始していますが自分がきちんと勉強をするのか自信がないためまだ申し込んでいないのですが決めたときには定員オーバーで締め切りになっているかもですね…。そんな私にアプリを申請したからか販売元からメールマガジンで試験申し込みを忘れていませんか?的な内容が届きました。私のように先延ばしタイプの背中を押してくれるありがたいサービスでもあり、もちろん、有料の教材や講座の案内をするのが目的の仕事なので、必要ある方は追加で様々な講座やテキストを購入して合格を目指すことができますね。

続き↓

インテリアコーディネーター独学習慣化と試験料支払い