家具職人への道7~門前払いの修行への道~

 

前回は、飛び込みで家具職人見習い修行志願で

ベテラン木工職人さんに門前払いを受けたお話でしたね

一社だけでなく何社も門前払いでした


いきなり家具職人を募集していないかたずねて笑われて

冷静になり恥ずかしくなってしまった私。

 

家具職人未経験で求人なんてあるわけないっつうの

と今なら言えますが…当時は勢いだけでしたね^^;


うーん。きっかけになった友達のお父さんにも聞けないし…と思っていたら

母が、スーパーでお買い物しているときに、

その友達のお母さんに偶然会い、

職人の募集をしていないか聞いてみてくれたそうです。

しかし答えはNO 

景気が悪く、単価が低いので給料を払えるような状態ではない

しかも未経験で女の子ならどこも難しいんじゃないかな?


との助言があったそうです


また 女 と言うことが邪魔になる…


仕方ないですよね、一般的に家具職人は男性が多いですから

今でこそ女性も増えていますが、

当時は少ない、いや、稀少でしたね


諦められない。でも生活していかなければならない


そんななかインテリアコーディネーターの講座の仲間に

1年間家具作りを学べる施設があることを教えてもらいました


そりゃ早速調べなきゃ!もちろんネット検索ではなく


直接足を運び、見学に。その時も、 


女の子は無理、そんな体型で重いものが持てるか?
結婚しやめるような子に教えることは出来ないし、
ピアスや長い髪、アクセサリーも全部禁止


っと言われ、そのとき遊び半分と思われたのでしょうね

私はその師匠(先生)にどうしても認めてもらいたくて

 

 

ショートカットにして、アクセサリーも全部外し、

また訪問しました

(この日からピアスやアクセサリーは未だに付けていません)


通うのにどうするんだ、遠いじゃないか。

収入無いのにやっていけるか。


と聞かれ、


今も賃貸(風呂無しの文化住宅でした)ですから、

近くに引っ越してきます。収入は土日祝日にバイトします


と、答えたけど、どうも拒否されているような感じ…


試験がありました。人気が高く、定員オーバーです。

私は、あの拒否されている雰囲気を感じ取りながらも

試験を受けに行きました。


住まいもバイトも決まっていないのに。

あとさき考えず、即行動 という性格ですから

何の迷いもありませんでした。


さて、、、会場に着き、

 

『アカンって言ったのに、来たんか…』言う師匠

 

えっと…ほんまにアカンかったわけ?????

情熱だけじゃアカンのか…

落ち込んだ私ですがとにかく試験を受けてみることに。

 

⇒ 家具職人への道8に続く

家具職人になりたい方へ

この書籍おススメです。(何回も読んでる…)

不揃いの木を組む [ 小川三夫 ]  

家具職人のメルマガでしか言えないお話

私はメールマガジンを配信しています。

職人を目指し、修行をして沢山の涙、感動、笑いを経験したことはとっても貴重です。家具職人ではなくても、好きなことを仕事にするメリットやデメリットをお伝えしたり自分の人生をやりたいことを実現して心豊かにしたい方などに向けて配信しています。

女家具職人の倒産からのリベンジまでの道のりを綴ったレポートを公開していましたが現在は不特定多数の方に対しては非公開としております。

家具職人メルマガ

登録 解除
*メールアドレス
*名前


※携帯アドレスは受信設定によっては届かないこともございます

家具職人への道20話の続きをメールマガジン読者様限定で必要な方のみご請求頂けます。
一部の方(ものを作る人に対し、無理強いをしたことがある人)は気分を悪くするので読まないでください。(本当に)下請けから脱却するきっかけになった家具職人奮闘記を書いています。読み逃げもされたくないので冷やかし登録はご遠慮ください。

⇒ ブログに寄せられた読者さんの声一覧

このページの先頭へ