IKEA ニトリ 引っ越し 拒否

毎年この時期(春の引っ越しシーズン)にTwitterやブログなどで見かける引っ越し時の家具の搬出入問題。特にIKEAの家具は引っ越し業者の見積もり時に断られる、ニトリのベッドの輸送が引っ越し業者に拒否されたと具体的にメーカー名まで上げられるほど組み立て式の家具を引っ越し時に運べなくて困っている人がいるようです。(あくまでもネットの消費者の声ですので本当に断られるのかどうかは断定はできません。)

IKEAやニトリの家具が引っ越し業者に断られる理由

こういったニュースやつぶやきを見た瞬間に通販家具製造の木工所にいた&ネット通販でお客様組み立ての家具販売をしていた経験のある私は理由はすぐに浮かびました。ようはIKEAやニトリに限らず、お客様組み立て家具の取り扱いには注意が必要で壊れる、またはもとに戻せないリスクが高いということは本当です。

その理由はお客様組み立て家具はビス(ねじ)や木ダボ、カムロック金物などで固定をする仕様が多く、一度バラす(解体する)と

  • ビスの場合は連結穴が緩くなり元の強度で組み立てなおすことが難しい
  • 木ダボの場合はボンドを入れているときれいに抜けないので切断する必要がありバラす(解体する)ときにパネルが破損する恐れもあり、無事に解体できても穴をあけなおさないといけない
  • カムロックねじの場合は比較的元に戻しやすいがバック板などボンドを入れている場合にはバラすと板が破損するリスクが高い

などの特性があるからです。もちろん、解体せずに完成品のままの搬出だと問題なく運んでいただけると思います。(ぐらつきがひどい場合や壊れるリスクがある場合には保険対象外になるようです。そうであった場合、引っ越し業者さんが気の毒だから理解してほしいと他人ながら思います。)

組み立て家具は搬出入できない問題もある

また、お客様組み立て品はパーツの状態で室内に入れて室内で完成品にした場合に、室内ドアから搬出できない大きさになっていることがあり、部屋から搬出できてもエレベーターに乗らず階段でも回転するスペースがなくて降ろせない、その代表であるのがベッドやソファー、壁面いっぱいの背の高い収納棚などで搬入するのに必ず解体する必要があります。

例えばニトリやIKEAで購入時に組み立てサービスを利用したので解体・再配送も利用しようと思っても…販売元にはサービスはありません。

引越しするのですが、ニトリで以前に買った家具を解体・再配送してくれますか?

ニトリお客様サポートよくある質問ページより

破損したパーツのみの購入ができる製品もあるようですが自分ですると手間がかかるのでもう破棄してしまおうとあきらめる人もいます。

組み立て家具の分解と再組み立てのサービスとは

そういった消費者の声に対応したIKEAやニトリの家具の分解と引越し後の再組立てサービスを導入している業者さんも現れました。IKEAやニトリは家具販売店でも突き抜けて人気なので持っている人が多いので、その困ったニーズに応えるためにできたサービスですね。求めるサービスを検索キーワードやハッシュタグ検索に入れると業者さんのホームページや利用した人の声が出てきます。

私も通販家具の製造ラインの手伝いや組み立てをしたことがあるのでわかりますが、お客様組み立て家具をきれいに分解して再度組み立てるときに、ちょっとした工夫や手を加えることで強度を保ち元に戻すことも可能です。

  • ゆるんだねじ穴に埋め木などをしてまたしっかり固定しなおす
  • 切断した木ダボを取り除き、再度穴をあけて木ダボを埋め込み組みなおす
  • 補強板を追加する
  • パーツを作り直す

と製品に合わせて必要な手直しができるとまた使用できますが、当然料金はかかりますので、エコとか思い入れとかを抜きにすると買い替えたほうが値段的には安いかもしれません。こういう時、家具って消耗品でもあるなと痛感してしまいちょっと胸が痛むのですが…。

IKEAやニトリだけではなくお客様組み立て家具全般に言えること

引っ越し時に断られる家具はIKEAやニトリだけではなくお客様組み立て家具や家具メーカーの出張組み立て家具全般に言えることだと認識して家具販売店選び、引っ越し時のリスクの理解や再組み立てサービスの有無の確認は必要ですので参考にしてください。

自宅にあるアレを使って家具を組み立てなおす方法

ねじ式の家具でかつ、パネルに破損がないことが前提ですが自分でできる方法もまります、