二級建築士2022独学

昨年末から2022年度の二級建築士の試験を受験するかは置いといて、独学をしようとテキストや法令集、製図板を買いそろえていますが正直なところまだ独学の開始をしていません。はい、相変わらず後回し癖の自己嫌悪が胸にグサグサ刺さりながらも本格的な勉強をしてない状態です。

心の片隅では勉強するなら受験はしたいのですが二級建築士の一発合格のために腰を据えるとドンドンハマることがわかっていることもあり、未熟なまま期日が決まっているものに対して逃げているのだと思います。インテリアコーディネーターの試験終了から考えると1ヶ月はロスしていますね。試験予定は7月だと思うので大きな差があります。

先ほどちらっと法令集を覗いたのですが、ワクワクするのはワクワクする、しかしこれにハマると他のことや息抜きは一切しなくなる、いや、他のことって今必要なこと?ただ暇つぶしで何の成長にもつながらないのであれば勉強した方が自分の為だよね、などと葛藤と言い訳を繰り返しています。

自分の中で二級建築士の試験は仕事していく上、生きていく上でなくてはならないものでもないから覚悟が決められない。知識があることで仕事の幅が広がりお客様に役立つとは思っているし、勉強自体は面白いけど、期日や時間が決まっている試験となると急におののいてしまいます。約束があると憂鬱になりドタキャンしたくなる心理のようなもの。ダメだねえ、、、こんな自分が嫌で後悔する気もするのでこうなったら覚悟を決めて、やる気を維持するための方法の一つとしてまた裏切りたくない大切な人(姪っ子や甥っ子)に宣言するかな。

自分が家を建てるときの為の知識も持っておきたいし福祉住環境コーディネーターとしての住宅改修のアドバイスでもより深く話ができるようになりたい。試験関係なしにやはり自分が興味があって人に役立つ情報を教えるための勉強から始めていっていずれ試験問題への独学につなげていこうと思います。(まだ断言しきれてない…。)



令和4年度版 2級建築士試験学科過去問セレクト7 Now&Next