二級建築士の無料テキストとアンダーライン集を入手しました。

二級建築士資格試験の独学用にと無料テキスト(アウトプット問題集と解答のセット)と建築法令集のアンダーラインを引くためのガイド(2022年度二級建築士用のアンダーライン集)を入手しました。

二級建築士用のアウトプット用テキストの入手方法

二級建築士の過去問が無料で閲覧&2022年の独学おススメテキストは?にも記載したように、独学をしてみようかなととりあえず購入した日建学院さんの建築基準法関係法令集と総合資格学院さんの過去問からの厳選問題集とポイント整理を購入した際に、テキストの中に無料プレゼントの応募はがきがありアンケートに答えてポスト投函するだけで数日後にポストに届きました。

買ったテキスト↓

令和4年度版 2級建築士試験学科厳選問題集500+100

令和4年度版 2級建築士試験学科ポイント整理と確認問題

建築基準法関係法令集 2022年版

無料でもらえる2級建築士試験のアウトプット集って?

中をちらっと開いてみたところ、2級建築士のアウトプット問題の模試が掲載してあり、別紙に写真や図で説明書きがされた解答集です。ある程度勉強した後に時間計測しながら解くのがよいのかもしれませんが、移動時間などに問題をみて、解答だけを眺めるのも勉強になると思います。(2冊になるので持ち替えするのが面倒かも。でも問題集の重たいのを持ち運びするよりは断然楽。)

独学していると少しの問題集でも助かる

隙間時間に独学で二級建築士の勉強をしていると過去問以外のちょっとした問題でもあると知識が追加されるのでとても助かりますよね。特に模試スタイルでできる問題集で解答付きは名の通り、アウトプットするのに役立ちます。ですのでテキストを購入したら、無料テキストの請求はお得ですね。

(もちろん配布する側に個人情報が行くのでスクールの営業電話やメールや冊子が届きます。独学を貫く人は申込しなくてもそれは自由ですが、個人個人で必要だと感じ、有益な情報であれば講座を受ける選択肢もありだと思います。特に製図…。)

法規のアンダーライン集については請求時に恥ずかしながら気づいたこともあるので次回記載します。

建築法令集の無料アンダーライン集と1級と2級の試験内容の違い



令和4年度版 2級建築士試験学科過去問セレクト7 Now&Next