インテリアコーディネーター試験会場までのアクセスとプレゼン時間計測時計購入

本日、2021年のインテリアコーディネーター資格2次試験当日を迎えました。1次試験も直前独学でドタバタして合格し、もともと一発合格は目指すことは出来ないだろうと準備していないまま約一か月でやはり一発合格を目指して頑張ってみようっと2次試験の独学をはじめ、昨日の夜は仕事の後に家事をちゃちゃっと済ませて、朝の課題の予想問題のテキストにあるアイソメ図のLDKのダイニングセットとリビングセットの残りがあったため、睡眠時間の確保を考えると時間が足りない為、トータルした模試は結局一度もできませんでしたが予想問題の解説文を掲載されている全回数分読みました。

そして目覚めた今朝は論文を抜いた時間の2時間半で過去問30回の平面図と立断面図とテレビ収納棚のアイソメ図を描いて寸法線を描いてみようと思い、着彩などを残してタイムオーバー。模写なのに…。エスキスもしてないのに…。逆に解答通り模写しなきゃという縛りがなく本番で自分で考えるという点で手がサクサク動くと良いなと思いながら今は早々と母にパジャマを脱いでもらってシーツも交換させてもらって洗濯終了待機時間にこのブログを書いています。

インテリアコーディネーターの試験会場までのアクセス、所要時間をアプリで調べるとなんと2時間もかかるという予想外の時間で予定時刻より早く出発になるしもう描くという行為に関して今のレベルではこれ以上手を早めることは不可なのでテキストを開かず心を落ち着けて洗濯干したらすんなり出ます。

ただ道中に論文の参考になるかもしれない一次試験時に勉強していた音声講義などを聴こうと思い携帯も忘れず。

そういえば時計がないなと昨日仕事終わりに慌てて時計を100円ショップに見に行ったら、デジタルのものは100円でありましたがアナログは置きタイプで300円、腕時計タイプは500円、うーーーーんこの試験でしか使わないのに…と思いながらもあ、次に目指す勉強にも使うかも。っとアナログの腕時計タイプ500円にしました。デジタルだとピピってなったり、未設定のつもりが思わぬところでアラームが鳴ってしまうと怖いし電池は自分で用意しなきゃいけなくて微量しかなくて途中で切れたら嫌だしなどリスクを考え、説明書読む時間も惜しいのでアナログで。

寒さ対策には貼るカイロ、マスクに万が一の老眼鏡(笑)も忘れず、そして受験票と製図道具と財布、その他はもう持たずに目的は受験だけで出かけてきます。(今でも大きな主要駅で人混みにまみれて乗り継いだりして2時間かけていかないといけないことに億劫さを感じ行きたくない気持ちに駆られていますが、ここは踏ん張らないと。)

とにかく人の迷惑にならないように行動をして気持ちを落ち着かせて問題なく帰宅し、今夜は久しぶりに母とも会話をきちんとして日本沈没を一緒にリアタイしようと思います(笑)介護と仕事の両立、うまくできなくてごめん。

私は2017年度版を使用していますが使用した予想問題のテキストの最新版はこちらです↓

インテリアコーディネーター2次試験 予想問題徹底研究2021 (徹底研究シリーズ)