結果速報とインテリアコーディネーター2次試験2021年度の模範解答無料プレゼントは?

本日2021年度第39回インテリアコーディネーター2次試験日でした。試験会場に向かうとインテリアコーディネーター2次試験模範解答無料プレゼントパンフレットの配布があり、テキストでお世話になっているハウジングエージェンシーさんHipsさんの提供です。結果速報が待ち遠しいと思いますが個別のプレゼンと論文の解答チェックになるので合否判定は1次試験のようにできませんね。

仕事や今後の人生に大きく左右するので早く結果を知りたいという方は模範解答で気持ちを落ち着かせるのも良い手段だと思います。

IC2次試験2021年度の模範解答無料プレゼント配布先

インテリアコーディネーター2次試験 模範解答プレゼント の入力フォームに試験会場、試験番号氏名などの必要事項を記載し送信すると1月上旬頃にプレゼンテーション・論文試験の模範解答と住宅・インテリア関連の資料を無料でいただけます。※このサービスは(株)ハウジングエージェンシーが独自に実施するもので、 試験の主催機関である(公社)インテリア産業協会とは一切関係ありません。

ハウジングエージェンシー

私の独学失敗談と反省点

さて私はというと、不合格は決定です。一発合格ならずでした。

なぜなら、こんなにブログを書いているのに恥ずかしながら論文の最初の入りに頭を悩ませそこだけでなんと30分以上時間がかかったのです。論文自体を30分で終える予定だったのに、何をパニくったのか、冒頭の文章が出てこず、本題として書く内容は浮かんでいるのにうまく接続させるための最初をどう書けば論文なのかがわからなかったのです。めちゃくちゃ焦って何度も消して、本題に入るも最初の分がおかしくて消すと空白が出るので全部消してと繰り返すとなんと、、、、論文だけで1時間半!半分も使ってしまい、本来のプレゼンに費やす1時間が減りました。

1ヶ月の詰め込み独学で摸写に勤しみ、論文には目だけは通したけど、実際に自分が書いていない、明らかな練習不足です。ただ、出来上がった論文はとても満足いくもので、きれいにまとまりました。もちろん1時間半もかけている時点できちんとかけるのは当たり前のことではあるのですが。

ぶっつけ本番で初めてのエスキス

この時点でもう合格は望めないなと覚悟しましたがとにかく模写しかしたことがない私の初めてのエスキスとプレゼンテーションにチャレンジ。チャレンジって気軽な言葉でいうけどぶっつけ本番なのですが…。

問題を読み、お客様の要望を理解し、図面に描き起こす。読んでいる時点で頭の中で、ここに設置して壁面家具を考えて、とするする浮かびもしかしたら論文の時間オーバーが巻き返せるかも?!と希望を捨てずに描き始めると、楽しくてワクワクする気持ちに襲われ、壁面家具は立断面図も描く必要があったので平面図と同時進行して描くことにしました。

設問では指定されて描く家具が多く、全体を通した平面図だけ出来ても立断面図が何も描けないままで間に合わないと思ったからです。それであれば平面を少し描き落としてでも立断面図ができている方がよいのかも?と勝手な判断もあり。ついでに、ウインドウトリートメントの方も先に埋めました。

プランニングと製図が楽しくてドラフティングハイに

平面図と同時進行でクライアントの要望に応えるように自分のアイデアを盛り込んでフリーで描く壁面収納は摸写の何倍も楽しく夢中になりました。時計を見ると時間が全くない、これでは寝室はもう絶対に何も描けないから急がなきゃと思うも描いているうちにランナーズハイのようなドラフティングハイとでもいうのでしょうか…急がなきゃいけないのにいつまでもこの図面を描いていたいと気持ち良くなってきて立断面図で悦に浸ってしまいました(汗)

やばい!自己満はダメだよ、早く終わらせてリビングの指定された数のソファーやテーブルを描かないと本当に点数がないよ、と言い聞かすも手が早く動かないしトップギアに入ることなく普段の模写のローペースの心地よさから抜け出せませんでした。いや本当に楽しくて幸せ気分で、、、。

ということで、立断面図はきれいにできたのですが、ダイニングのカウンターとエクステンションテーブルセットは描き終えたのは良かったのですが、リビングに関しては壁面収納は立断面と同時進行したので仕上がりましたがソファーやテーブル類やグリーンの着彩もサイズの書き込みも一切できず、寝室も全く手つかずで気持ち程度ベッドの箱2個だけギリギリ場所の計算もろくにせず大きさだけ守ってポンポンっと置いただけ。

不合格確定だけど習得できたことがプラス

これ論文ロス分の1時間あればもっと仕上げることができたとは思いますが、これも実力の内だということで受け止めてただただあのドラフティングハイの心地よさ体験が忘れられず、もっと書きたい気持ち初乗り試験の不合格のへこみは一切ありません。もともと模写の段階で時間内にできていなかったことは事実ですし、実際に本番でプレゼンやってみて、めちゃくちゃ楽しかったので大きな習得です。

試験だからルールに合わせるのが当然

もちろん試験なので合格しないと意味がないのですが、合格しないと明日から仕事がないとか職場を首になるとか生きていけないわけではないので今回は自分の成長を楽しんだ回、プランニングすることが好きなことに改めて気づいた回として帰宅も気持ちはすっきり軽やかに軽やかに明日から次に目指している本命勉強のスタートに向けて脳が動いています。

食べることが好きで大食いだけど早食い(フードファイト)は出来ないといういいぶんがわかった気がします。描き続けるのは好きだけど時間ルールがあるのが試験で早描きスキルを身につけないと土俵に立てない。取得目的なら合わせないとですね。

息抜きにどこに寄るでもなく2時間かけて帰宅して洗濯取り込んで晩御飯の用意してっと日常のことをし、今日は朝に宣言した日本沈没を母と観ながらまだ報告していない次の目標について母に話したいと思います。

もちろん2022年に2次試験は受験する予定です。楽しかったのでこれからは模写を卒業し自分でプランニングする妄想を繰り返し繰り返し図面に描いていって写経のように精神統一で気持ちよくなりながらもスピードアップできるようにします。あ、、論文の勉強もきちんと!←最大の失敗

2次試験合否通知の発行は2月中旬

インテリアコーディネーター2次試験の結果発表はインテリア産業協会さんから個別でメール通知が来てパーソナルページにログインして確認します。2次試験合否通知の発行は2月中旬のようです。

ということで結果速報についてとインテリアコーディネーター2次試験2021年度の模範解答無料プレゼントについて記載しましたが私は自分の判断で不合格とわかって受け止めているので待たずに次へ進みます。試験を言い訳にして仕事も穴をあけず普段通りにして、最低限家庭のすることもきちんとしながら(日曜日にcafeや紅葉に行ったり買い物や病院の付き添い程度ですが…。)独学に挑めたことが悔いなく次のパワーにつながりました。

2022年受験される方、私の失敗談を反面教師に早めに日々勉強に励んでください。(また勉強法などの気づきは更新します。)私も次なる勉学予定がありますのでそちらに向けてスタートとそれが目処が付いたと同時に2022年度のインテリアコーディネーター2次試験に移行して励みます。