インテリアコーディネーター第31回プレゼン展示コーナーのパース

介護と仕事の両立、そしてインテリアコーディネーター2次試験一発合格を目指して短期集中での独学続行中の私、昨日の第31回IC過去問プレゼン解答・平面図の練習と日本人形までいる?の続きである第31回のパース図の練習に入りました。過去問解答例の内容が高度過ぎない?ってことで他のサイトの過去問解答事例をみるとここまでリアルに人形を配置していない床の間もあり、本番は私もここまで描かないと思う…。描かないというか描けないし浮かびません(汗)

でも課題には展示コーナーとあるので具体的に記載するのがベストだとは思います。それを前提に自分の腕が無い言い訳を少々、、、、。

2次試験に合格するためのコツで『独りよがりでうまく描こうとしない、要は課題の要望に対し応えることができているかどうかが大事』ということで、私が線が二重になったり、狭くなったり重なったりはみ出して気になって描き直すとか減点対象ではあるけどそういうことにとらわれ過ぎて本来の課題であるお客様のご要望に対する回答ができていなければ意味がないというを察し、

汚いところは最後に時間が余ったら修正してとにかく課題の要望を形として表現することをおろそかにしてはいけないと我に返りました。人形のインパクトが大きすぎて人形をうまく描かねばならないなど横道逸れそうになるところでした。いや、きっと人形があることは最大級の顧客要望に応える表現なんだと思いますが身の丈に合った勉強をせねば前に進めません。

インテリアコーディネーターのスクールに通うとコツやポイント、気にしなくてもいい点などアドバイスしてもらえるのでしょうけど、スクールに通う時間もないし独学で自分のペースで挑戦しています。きっと講座を受講した方がとても有益な勉強方法が得られるのだとは思います。

過去問徹底研究はこちら

インテリアコーディネーター2次試験 過去問題徹底研究2021 (徹底研究シリーズ)

で、描いてみた。展示コーナーの飾り棚の人形

インテリアコーディネーター第31回プレゼン展示コーナーのパース
インテリアコーディネーター第31回過去問展示コーナー

全部をみせると教材の著作権上あまりよくないと思ったので一部ですが、ぐちゃぐちゃぐちゃッとしただけで何となくそれっぽくなったと思い込もうと、ささっと数秒で終了(笑)

こだわりを捨て思っていたより時間がかからずインテリアコーディネーター第30回過去問平面図に進み、アイランドキッチンとバタフライテーブルを記載してタイムオーバー。ソファー周りは明日に持ち越しです。いやあ、人形の呪縛から試験用の大事なポイントを考えるきっかけになったので良かったです。

続きはLDKを模写→ https://xn--gmqp0e23nml2b.jp/interiorcoordinatorstudy/30ic/