IC出題予想4マンションのLDKと子供部屋の立断面図・家具図面を描く

2021年度のインテリアコーディネーター2次試験の独学もあと3日。そもそも1次試験が合格できると思っていなかったのもありノーマークの2次試験の学習に焦りまだまだスキルが足りていませんが3日で手を動かして吸収しようという気持ちは途絶えていません。あとは体調管理ですね。

インテリアコーディネーター出題予想ギャラリーパースを描くの続きですが、インテリアコーディネーター2次試験出題予想問題のマンションのLDKと子供部屋の平面図が終わっていたと思っていたのにそういえば着彩と寸法と名称が終わっていないことが途中で発覚。そうだ、今までも模写だけで着彩を後回しにしていたことでうっかり終わったと思っていた。試験当日も忘れそうで危ない危ない。

着彩忘れは気がつかないまま立断面図・家具図面を描きました。やはりもたつくのは自分の性格の問題ですね…。あとはちょっと手抜きで背の部分などをフリーハンドにしたときに線がゆがんでバランスが悪くなったりせっかくきれいに描いていたのに詰めが甘くて床材の間隔がそこだけ狭まったりっと自分の性格の欠点が浮き彫りになります。

我慢我慢我慢と言い聞かせて最後まで定規できちんと引くことを強く意識しないとホントついついのところで消して描き直しなども多いので一本入魂くらいの気持ちで丁寧に描かないと私の場合は見るに堪えない汚い製図になります。1時間40分くらいで描き終えた後に平面図の着彩と寸法記入をしました。

今回の模写で思うに立断面図と家具図は家具設計のスキルがメインでソファーの位置がどうとかダイニングセットの位置がどうとか、アイソメは脚物家具の立ち上げに時間がかかるという苦手過ぎるものがなかったので比較的早かったように思います。2021年の出題はどれになるかわかりませんがとりあえず過去問で意表を突いたカーテン図とか人形とか(笑)住宅ではないサロンなどいろいろ描いてきた中で、コロナも重なり一度も出たことがないもの(カフェや公共の場の室内計画)が来たらどうしよう?とも想定したりと余計な脳を使っています。

私は2017年度版を使用していますが使用した予想問題のテキストの最新版はこちらです↓

インテリアコーディネーター2次試験 予想問題徹底研究2021 (徹底研究シリーズ)

インテリアコーディネーター試験独学に使用したテキストの最新版