建築知識はアニメーターや観光地での史跡巡り趣味の方にもオススメ

人物イラストが趣味の12歳になる姪っ子の誕生日プレゼントにしようか考え中なのが建築知識です。もともと家具職人になる前の22歳ころにインテリアが好きで趣味で読んでいた本( 家具職人への道4~脱サラして修業へ~ 参照)ですが深堀したとても面白い内容の本です。

もちろん小学生なので構造・仕様が理解できなくても今後絵を描くことやアニメや映画を観る時のプラスにもなるといいなと、自分で買うことがないだろうからおばさんの「ワクワクするやろ?」を押し付け。 建築知識2022年8月号2021年12月号
 

建築だけでなく、アニメーターや観光地巡りが趣味の方など老若男女問わず引き出しが増えるので日々の行動の視野が広がってとても面白いと思います。

建築知識のバックナンバーを見ると本当に本当に面白そうなものばっかり。私も二級建築士の勉強を始めないと改めて読む機会を思い起こさなかっただろうから、徐々にバックナンバーを買い足していって新刊と共に楽しみの挽回をしようと思います。

まずは…インテリアコーディネーター二次試験の独学を毎日癖付けして課題を進めてからですけどね。

追記↓

ちなみに勉強ブログの方ではこんな記事も過去に記載↓

インテリアコーディネーター試験独学に使用したテキストの最新版