第32回インテリアコーディネーター2次試験過去問カーテン図

今日のインテリアコーディネーターの2次試験の独学摸写タイムは、勘違い・第32回ICプレゼンテーション過去問立面図(断面図)の練習 の続きです。起きた時間が少し遅く模写タイムが1時間弱しかなくて焦りましたが今日は比較的短時間で終わるかな??

第32回のインテリアコーディネーターの2次試験のプレゼンテーションの課題の中に、ウインドウトリートメントの姿図がありました。姿図って描いたことないぞ、もう美術の世界?など思いながら見様見真似で摸写。簡単に見えつつ描いたら30分はかかりました…

仕事に向かうまで少し時間があるので有効に進捗しようと第31回過去問に進みました。

過去問徹底研究はこちら

インテリアコーディネーター2次試験 過去問題徹底研究2021 (徹底研究シリーズ)

まずは平面図のダイニングテーブルと間仕切り収納カウンターを描くところまで模写してタイムオーバーで終了。今回和室の飾り棚のパースがありますが、模範解答を見たら人形や掛け軸なども自分で考えて描くの?模写だけでこの状態のわたしにはハイレベルすぎる。

ただ過去問を模写することで、今回のカーテン図や、人形や絵画やグリーンなど試験ではここまで表現するんだなぁと毎回気付きがあるのは良い意味があると感じています。

しっかし、試験時間内に課題を読んでプランニングして平面図や着彩、さらにどれが出題されるかわからない立断面図・アイソメ図・パース図・家具図など完成するイメージが全く湧きません。模写から次のステップ(本来なら先にするプランニング)に行かねばならないタイミングを考えないと、0からなら模写スキルがついても全く何も出来なくなりますね。