IC第28回過去問アイソメ図くつろぎコーナーの立断面図を描く

インテリアコーディネーター2次出題予想と早く描くための家具のサイズのテンプレを考えるの続き、第28回インテリアコーディネーター2次試験過去問の寝室とくつろぎコーナーのアイソメ図を描きました。

率直にいうとこのままではダメ。昨日テレビ台だけ描いていた続きのアイソメ図もベッドとナイトテーブルの納まりがどうしても模範と同じにならず、その他1時間半みっちりかかり、照明と絵画が描けませんでした。

模範解答の模写をしていますがまず椅子を描くのに時間がかかり、本棚や飾り棚や机などの備品などが目に入るとそれも描かなきゃとなり時間がかかります。もちろんイメージとして必要ですし、課題にアートが好きなクライアントだとしたら敢えて描かないといけませんが

絶対条件ではない場合には小物などに時間を割くので一通り平面図、アイソメ図、立断面図を描き終えてから一つずつ追加して描かないとそもそも仕上げることが不可能な状態です。

模範解答のレベルに一つ一つ完璧についていけるスピードはまだありません…減点対象がどこなのか?気にすべきでは無い箇所はなんなのか?インテリアコーディネーター資格合格を目指すスクールなどではアドバイスが出ているのだろうとは思いますし有意義だろうなとも感じます。

その上で独学だから余計な勉強や足りない情報があると自覚しながらもあと18日、積み重ねます。明日は続いて忘れてたくつろぎコーナーの立断面を描きます。